位置商標を認容した大法院判決、及び地理的名称を含む商標に関する大法院判決を掲載しました。 2012-12-28

 大法院は、上着の脇部分に付されたアディダスの3本線の標章に関し、韓国商標
法における商標の定義規定から位置商標の保護を認容すべきとの判事を行い、過
去の判例を変更しました。

 また、別の事件において、大法院は、缶コーヒー等で有名なジョージアの標章
に関し、顕著な地理的名称であるとともに、これと結合された他の標章組み合わ
せをもっても新たな観念を生んだり、新しい識別力を形成するものではないとし
て、拒絶決定を行った原審を支持する判決を行いました。

 これらの判決翻訳は、ジェトロソウル事務所知財チームによる仮訳です。正確
には原文を当たってください。

 
アディダス位置商標事件.pdf
ジョージア地理的名称事件.pdf
 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン